lab.arioso

RPG&AVG情報および感想中心「arioso」別館

メニュー

創の軌跡 プレイ日記 -13

創の軌跡 プレイ日記 -12の続きです。
「英雄伝説」シリーズのみを表示する場合はこちらからどうぞ

ネタバレ配慮していません。
記事は折りたたみますが、環境によってはスクリプト無効で見えてしまう可能性があるのでかなり下げて書きますが、ネタバレが嫌な方はご注意ください。

↓ここから(ネタバレありです)↓
















































画像を用意していたのは役一ヶ月前でした(汗)

英雄伝説 創の軌跡

ロイドたちはラインフォルトの軍需工場、Cたちは工房を奥へと進むのだけれど、先に進むには同時にロックを解除する必要がある。

ロイドは相手に揺さぶりをかけるために名乗るが、C側は変声機利用。何事もそつなくこなす抜け目のないC。準備万端すぎ。

C側は相手を略把握しているけれど、ロイド側はティータが「もしかして…………」とレンの存在を勘ぐっている程度。

工房では先ずはラピスへの試練が待ち受ける。ただし全ては真似て作られた人形。

スウィンとナーディアの前には、生きているハズのない人物が現れる。

二人が知るはずはないわけだけど、うん。この台詞にCもレンも驚くハズないとは思った。

1

ですよねー。

皆きちんと自分のしていた事を判断しているところが逆にコワイかも。

ラピスの考え方は平等だよね。

そして二人はその間も機を狙っていた。

ナーディアの能力はミュゼの分析同様、かなりの集中力が必要なせいで普段は眠いのかも。

彼がよく似たニセモノである事もすぐに見抜く。
Cの事があるから初めから疑ってかかってもいたのかもしれない。あり得ないことだから。

この博士はもっと質が悪いと考えていたけれど、知的好奇心が高いだけの人っぽい?

積極的に総督側に与しているわけではなく、傍観者だと言う。眺めて結果を愉しんでいるだけ。

今回に関しては、かもしれないけれども。

この時点でメインストーリーに登場している面々(回廊でしか利用できないキャラは含まれてはいない)

工場の終点では彼が登場したのだけど…………

彼の実験のメインはこちらだった模様。

作り出されたニセモノである事に、こうなる迄は気づかなかった。本人に自覚なく、そして周囲もこの姿を目にしなければ気づけなかった。

この博士は他社の技術を応用しより完璧なものを作り出せるという事らしい。


今回はここまでにします。


それではまた後日。

関連記事

  1. sims4

Information

新しい記事から5件はこの下に表示されます。その他の記事は更に下方にある「記事別」「月別」「日別(カレンダー)」から選んでください。
web clap  Res



プレイ中作品




The Sims™ 4 Eco Lifestyle

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Copyright ©

1997~ ARIOSO All rights reserved.

【FINAL FANTASY VII REMAKE】
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO

theme by mono-lab
にほんブログ村