lab.arioso

RPG&AVG情報および感想中心「arioso」別館

メニュー

エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~

(C) GUST CO.,LTD. 2013 All rights reserved.

ジャンル旧約錬金術RPG / CERO B
メーカーガスト
発売日2013.06.27
機種Playstation®3
エスカ・メーリエ(村川梨衣)、ロジックス・フィクサリオ(石川界人)、
ルシル・エルネラ(本多真梨子)、アウィン・サイドレッド(赤羽根健治)、
ウィルベル・フォル=エルスリート(瀬戸麻沙美)、レイファー・ラックベリー(増谷康紀)、
スレイア・ヘーゼルグリム(喜多丘千陽)、ミーチェ・サン=ミュッセンブルグ(村中知)、
カトラ・ラーチカ(うのちひろ)、ソール・グラマン(松原大典)、
リンカ(小清水亜美)、マリオン・クィン(植田佳奈)、コルランド・グラマン(藤沼健人)、
デューク・ベリエル(小山剛志)、ニオ・アルトゥール(伊瀬茉莉也)、フラメウ(阿久津加奈)、
クローネ(山村響)、ハリー・オルソン(真殿光昭)、/他

エスカ&ロジーのアトリエ Plus ~黄昏の空の錬金術士~ - PS Vita
コーエーテクモゲームス (2015-01-22)
売り上げランキング: 2,313


ストーリー
グラフィックス
音楽
システム&動作
総合満足度
★3
★4
★4
★4
★7

【良かったところ】

男女主人公から選択可。何方を選んでも片方も一緒に存在する。
「アーシャ」と物語が繋がっている。
「アーシャ」でのシステム的な不満点が改善されている。

【残念なところ】

エスカにもロジーにも歴とした目的はなく与えられた仕事をこなしているだけ。
何方を主人公に据えても内容に大差はない(専用イベントが少しあるだけ)。
黄昏になってしまった世界の謎がまったく解明されないまま。
新旧キャラ相応に登場するが殆どイベントすらなく存在するだけのキャラもいる。

【総合感想】

絵や音楽は「アーシャ」同様良いのだけれど、先ず主役二人には特別な目的が存在するわけではなく、雇われて給料を貰って生活している立場。故に、職務をこなすのみ。
横道もあるけど、それらも依頼の延長上にある。

二人主人公にしたせいでなのか(でも何方の物語もさして変化ないのだけれど)、パーティーキャラ、サブキャラ含め、アーシャに比べてイベントが少なく感じる。
キャラが増えたせいで薄まったのかもしれないけれど、「アーシャ」にも登場したウィルベルは人気があるから登場させた、というだけなのか、本当にいるだけ。まったくイベントがないわけではないけれども……。
ウィルベルは魔法でお菓子作りとか、魔法を手品として~なイベントがあったけれど(でも言葉のみな残念な仕様。披露している絵が一枚あれば印象違うだろうに)、カトラなんて活躍場面なしです。
エスカもロジーも好きだしシステムもこちらの方が快適になっているのに、アーシャの方がゲームとして楽しかった気がします。

この春、「エスカ&ロジー」はアニメにもなりましたが…………アニメ公式サイトのグラフィックを見て静かに立ち去らせていただきました…………もう終わったのかな?

関連記事

Information

新しい記事から5件はこの下に表示されます。その他の記事は更に下方にある「記事別」「月別」「日別(カレンダー)」から選んでください。
web clap  Res



プレイ中作品

ザ・シムズ 4 通常版 [オンラインコード]

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Copyright ©

1997~ ARIOSO All rights reserved.

theme by mono-lab

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ