lab.arioso

RPG&AVG情報および感想中心「arioso」別館

メニュー

妖怪ウォッチ3 プレイ感想

妖怪ウォッチ3 © LEVEL-5 Inc.


ジャンルクロスメディアプロジェクト/RPG
メーカーLEVEL-5 Inc.
発売日2016年7月16日
機種Nintendo®3DS
一部音声あり
妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ バスターズTパック - 3DS
レベルファイブ (2016-12-15)
売り上げランキング: 4,814





ストーリー
グラフィックス
音楽
システム&動作
総合満足度
★4
★3
★3
★3
★7


[accordions] [accordion title=”良かったところ”]

・ケータ(USA)、イナホ(日本)でそれぞれ別のストーリー仕立てになっているが中盤から繋がる
・夏向きSFホラー仕立てでその雰囲気も漂っている
・背景(町並み)はけっこう描き込まれていて3DSゲームではかなり良い
・終えてみれば面白かった
・メインストーリーを終えた後でもやれる事が沢山あり、また、後日無料大型アップデートが数回ある=まだまだ遊べるゲーム

[/accordion] [accordion title=”残念なところ”]

・二人主人公なのは構わないが物語が重なる仕組みであるため、盛り上がっているところで別の主人公へ切り替えないと先に進めない仕様
・テンプラver.すしver.があり、二人以上の兄弟姉妹で別々に遊んでいるなど家庭内に両ver.がないと遊べない部分がある(連動させないと行けない場所がある)
・背景関係は良いのだけれど、新規追加の妖怪の見た目がトモダチになりたいと思えないものが多い(魅力を感じない)
・パッケージ押し妖怪がまったく活躍しない(テンプラの場合はトムニャン。思わせぶりな雑誌付属別冊コミックと繋がらない内容?)
・ケータとイナホの物語が合流する第六章までの道のりがかなり険しく、大人だからなんとか進められたけれど、子供(特に年少者)は途中で投げ出してしまうかもしれない
・メインストーリーに含まれるアクション(クリア出来るまで先に進めない)の難易度が高いのではないか
・二人の物語が1つになるまではアイテムも妖怪も全て別管理なのに、なぜかガシャ回数だけは合わされている(メダルも当然ながら第六章までは別管理のため、それを知らずに始めてしまい、私の場合はケータは相応のパーティーを組めてもイナホは略初期取得メンバー固定

[/accordion] [accordion title=”総 評” last=”y”]

良かったところに記した通りEDまで見ると楽しかったと思えるのだけれど、二人の物語が重なる第六章に至るまでに、大人でも投げ出したくなったことが何度かありました。
シリーズ「2」の真打ちを一年ほど前にプレイしたわけですが、「2」に比べてアクションの難易度が高いように思います。而も、サブクエストではなくメインクエストに組み込まれ、クリア出来ない限り延々と繰り返さなければならないというのは非常にストレス。
先ず第三章のイナホ編の唐突に発生する鬼時間。赤鬼から逃げ切れないと鬼時間発生前に戻されます。
以前の鬼時間は掴まって戦闘に勝利できないとベッドの中で目覚めたのに。この最初の一度だけは逃げ切らないとなりません(以降は発生すると「2」の時と同じ仕様です)。
然し、この時点での妖怪レベルは低いので勝てるわけがないですし、とにかくカギを拾って扉まで戻るしかないんですが、私はかなり長いこと繰り返し「無理?」と思い一端閉じて、ネット情報を探し、隅の方を隠れつつ進めばなんとかクリアできると知り、それでも急ぎすぎて見つかってしまい、何度かやってのクリアです。
安堵したのもつかの間、ケータ編ではゾンビから逃げるゲーム(ゾンビナイト)が始まります。
これも最初の1回はクリアしないと先に進まないし、また、モーシンデルマートでのカートを押しながら逃げるアクションも同様。
RPGじゃなくてアクションRPGだと思います
そして、新規追加された妖怪たちに魅力がない。
中には「可愛い」と思える妖怪もいるんですがランク低くて余り使えない子だったり……。
結局利用しているのは殆ど以前から存在する妖怪ばかりになってしまいました。
「良くないところ」にも記しましたが、トムニャンなんて仲間になるのが後半であるし、したところで戦闘メンバーには含めていませんでした。
サブクエストでのみの登場で、而も大した内容じゃなさすぎて、こなすのも馬鹿らしく感じたほど。すしver.も購入しているものの連動でしか利用していないので確かなことは言えませんが、KKブラザーズも同じなんだろうなと予想しています。
色々不満はあるものの、物語自体は面白かったし、EDでのケータ家族の事情は笑えました。
この後、ケータとイナホの親睦は更に深まりそうな感じですね。
どうせなら、マックにももっと活躍の場があったら良かったのに、と思います。妖怪が見えるマックにも、妖怪ウォッチをプレゼントしてあげてほしい。

[/accordion] [/accordions]


関連記事

  1. 英雄伝説 創の軌跡
  2. あつ森 © 2020 Nintendo

Information

新しい記事から5件はこの下に表示されます。その他の記事は更に下方にある「記事別」「月別」「日別(カレンダー)」から選んでください。
web clap  Res



プレイ中作品




The Sims™ 4 Eco Lifestyle

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Copyright ©

1997~ ARIOSO All rights reserved.

【FINAL FANTASY VII REMAKE】
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO

theme by mono-lab
にほんブログ村