lab.arioso

RPG&AVG情報および感想中心「arioso」別館

メニュー

テイルズ オブ ベルセリア-TOB- 感想

ジャンル君が君らしく生きるためのRPG
メーカーバンダイナムコ エンターテイメント
発売日2016年8月18日
機種Playstation®4 , Playstation®3
ベルベット・クラウ(佐藤利奈)、ライフィセット(浅倉杏美)、アイゼン(森川智之)、
ロクロウ・ランゲツ(岸尾だいすけ)、エレノア・ヒューム(小清水亜美)、マギルゥ(佐藤聡美)、
ビエンフー(永澤菜教)、アルトリウス・コールブランド(堀内賢雄)、シアリーズ(新井里美)、
ライフィセット・クラウ(釘宮理恵)、ザビーダ(津田健次郎)、メルキオル・メーヴィン(飛田展男)、
シグレ・ランゲツ(中井和哉)、オスカー・ドラゴニア(前野智昭)、テレサ・リナレス(堀江由衣)、
ダイル(長嶝高士)、ベンウィック(佐藤拓也) /他

※これから遊ぶのならPS4版推奨です

【PS4】テイルズ オブ ベルセリア Welcome Price!!
バンダイナムコエンターテインメント (2017-06-01)
売り上げランキング: 797


テイルズ オブ ベルセリア パーフェクトガイド
週刊ファミ通編集部
KADOKAWA (2016-11-18)
売り上げランキング: 20,782


★ 「ベルセリア」単体評価

ストーリー
グラフィックス
音楽
システム&動作
総合満足度
★4
★4
★3
★4
★8

★ 「ゼスティリア」続編としての(過去時代)評価

ストーリー
グラフィックス
音楽
システム&動作
総合満足度
★3
★4
★3
★4
★6

テイルズ オブ ゼスティリア Welcome Price!! - PS4
バンダイナムコエンターテインメント (2016-07-07)
売り上げランキング: 1,341


テイルズ オブ ゼスティリア パーフェクトガイド (ファミ通の攻略本)
週刊ファミ通編集部
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 91,327


良かったところ

・システム、グラフィック関係含め、PS3版でも十分遊べる(不満部分なし)
・セーブ、ロード、戦闘への突入もストレスなし
・サブイベントが多い(各キャラ独自イベントも存在する)
・アクション系が苦手でもノーマル選択でEDまでむかえられるしある程度のトロフィーも取得できる
・装備付属のスキルをマスターして行くことでキャラを強化可能
・「ベルセリア」単体で考えた場合、つくりこまれた世界に思える
・「ベルセリア」単体で考えた場合、納得のできるED
・「ベルセリア」単体で考えた場合、これから良い方向へ世界が向かっているように思える

残念なところ

・スクリーンショットが一切撮れない
・トロフィーコンプは攻略本片手でないと難しい(ロングチャット取り逃しなどにより周回必須。また最低でも2周しないと発生しないロングチャットやサブイベントがある)
・有料DLC多し(「ベルセリア」に限ったことではありませんけれどもね)
・「ゼスティリア」の過去時代ものとした場合、辻褄が合わないように感じる部分が多々ある
・単体で考えれば未来のある終わり方なのに「ゼスティリア」に繋がるとなるとベルベットたちの行動は何の役にもたっていない事になるような…
・この世界構造が(「ゼスティリア」と併せて)まったくもって理解できない まるで救いのない世界観(別ブランド作品ですが「FF」シリーズの10以降作品に似通った思想感)
・良いキャラだけにアイゼンの「ゼスティリア」での扱いを考えると救われない
・ザビーダの思考が「ゼスティリア」と矛盾(長い刻を生きるうちに変わったのか)
・マギルゥの意志をどうやって未来へ引き継いだのかナゾ(結婚したとは考えにくいし、だからと誰かに委ねたというのも彼女の性格から考えにくい)
・ベルベットの思考が短絡すぎていて自己中で完(エゴと気付いたのであればもう少し周囲も見ようよ)は赦されるのか(アルトリウスを断つ理由が「自分の幸せをぶち壊したから」だけで終わらせてほしくなかった。自身の行動に対しての罪償感も含めてほしかった。そうでなければアルトリウスによく叱咤された「感情のままに行動」のままで終わった事になってしまう=それってまったく成長ないことになる)。

総 評

「良かったこと」「悪かったこと」に記した通りで、この作品単体としての出来はかなり良いのではないかと私は思っています。
ただ一点、残念な事は、余りにも、ベルベットが固執しすぎていること。
「仇討ちさえできればそれで良い」を最後まで貫いた。「私が私らしく生きた」というよりも「自分の意志を貫き通した」RPGだと思う。
ベルベット自身が終盤言う通り、理由はどうあれ彼女の幸せだった時間を壊したのはアルトリウスだけれど、自分の行動に巻き込み害した相手への罪悪感(映像としてはちらっとはあるけれど独白としても言うことはない)が皆無のまま終わっている。一番「これはない」と思ったのはオスカー殺害時のテレサへの言い訳。「違う。殺そうとしたわけじゃ~」は言わせてほしくなかった。と言うよりも、彼女のこれまでの行動から矛盾している。「立ちはだかるから殺してしまった」で良かったのではないか。
もしもここで罪悪を感じるようになっていたのならば、自分の復讐は終わった。この残された命で世界崩壊を食い止められるのであれば……的な独白ありで終わったのならば良かった気がする。
最終戦突入前から「止めることが出来るかも」と気付いていた様子はあったので、そこに繋がる心の変化がオスカーを殺した辺りではじまっていたのなら、もう少しプレイヤーにわかりやすく変化をつけてほしかった。
これは私の「欲」であり、十分楽しませて貰ったし(久々に1日中遊んでいた日もあるくらいに)、2周目は抜けなくロングチャットを集めるぞ!な気持で始めているのだから満足度は高いです。

ただし、上記は「ベルセリア」単体で考えた場合の感想です。

この未来が「ゼスティリア」となると、時間軸や世界構想がわからなくなります
「ゼスティリア」で語られる歴史から、「ベルセリア」は1000年程前という事になる。
アイフリードや災厄のことが「1000年ほど前」と語られている。
「ゼスティリア」の時代、カノヌシとベルベットがどうなったのかは不明ですが、ラフィセットの願い虚しく、世界は益々荒廃し、救いようがなくなっている、という事になります。
国土は以前よりも狭くなっているし、そもそもヒトが集まって暮らしている場所が限られている。
「ゼスティリア」の現在の文明は1000年以上、ということは、1000年前から続いているハズなのに、ベルセリアED後、地殻変動が起きて──ということになってしまうけれど、それは食い止められた、んですよね。
食い止めるためにライフィセットが名乗り出たのだから。
歴史的にもカッチリ合わさらない部分がありすぎる(伝承とはそういうもの、としても、世界地図からして1000年の間に変化があったのならばそれが語られても良いはず)。
「ゼスティリア」では一番色々知っている様子のライラ(アイゼンやザビーダよりも年長と考えて良さそうだけど)はその片鱗すら「ベルセリア」では存在していない。
事実、ベルセリアの未来がゼスティリアなのだろうか。
アニメでは「未来とクロスする」とベルベットが言っていますけれど、「クロス」の意味は「横切る」「交差」と考えると、「エクシリア2」的に「平行世界」の物語、と考えた方が良いのかも知れません。
「ベルセリア」が主軸となると、「ゼスティリア」はif未来の1つ。
……うん。そういう事でいいかな(汗)。

「ベルセリア」プレイ後だと、「ゼスティリア」が事実未来であるとなると、アイゼンは救われず(最後まで呪いが解かれることはない?)、ザビーダ設定にも矛盾を感じるし、マオテラスも……ね。穢されてしまうとは本当に救われない(涙)
そしてたかだか1000年の間に「ベルセリア」時代の遺跡が一切残っていない不思議。同じ名前の土地もない。
やはり地殻変動おこっているんじゃ……。そして私たちがプレイ済の「ゼスティリア」世界はif世界。……と思いたい。

という事で、「ゼスティリア」はif未来で(私の希望)。真「ゼスティリア」発売をお待ちします(苦笑)。

【補足】
たまたま記事を読んで下さった方からメッセージを頂きました。
「ゼスティリア」は1周しかしていない上、アフターエピソードの最後が「?」だったんですが、私が内容うろ覚えで勘違いしている部分がありそうです。上記は1周終えた時点で直ぐに記した感想です。「こちら」もよろしければ閲覧ください。

2016.09.21 補足感想
クリアデーターロードで、サブイベント関係をこなし、再度エンドを見ての感想になります。
テイルズオブベルセリア プレイ後感想(補足)



関連記事

  1. 繋がるハート展

Information

新しい記事から5件はこの下に表示されます。その他の記事は更に下方にある「記事別」「月別」「日別(カレンダー)」から選んでください。
web clap  Res



プレイ中作品

あつまれ どうぶつの森 -Switch

カレンダー

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Copyright ©

1997~ ARIOSO All rights reserved.

theme by mono-lab

にほんブログ村