lab.arioso

RPG&AVG情報および感想中心「arioso」別館

メニュー

「英雄伝説 暁の軌跡」遊んでみました

©Nihon Falcom Corporation. All rights reserved. ©USERJOY JAPAN CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED. ©USERJOY Technology CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.

私が遊んだのはPC版ですが、PS3,PS4,PSVITAでもプレイ可能です公式サイトへはこちらからどうぞ
ジャンルは軌跡シリーズ共通の「ストーリーRPG」ですが、暁は【オンラインストーリーRPG】です。
オンラインゲームではありますが1人プレイですし、アプリゲームのような感じで基本料金無料だけれどアイテム課金制タイプ。

思えば……和製として先駆け的なPS2版からはじまったFFXIはβから開始し、正式サービス後、月額1000円ほどられたものの、当時は現金購入アイテムは存在しませんでした。
しばらくして、国外の一部プレイヤーがアイテムを現金販売するようになり、取り締まりをかなり厳しくしていました。
そういったPCは日本語でメッセージ登録をしていて「おまえたちは遊びだろうがこっちは生活かかってんだ!」とか叫ばれたりしましたね。
なかなか入手できないアイテムを現金でゲットできるのならと利用するプレイヤーも出て来て、架空世界の中までリアル資金が必要になるのかと複雑な気持ちにさせられました。
基本、キラー行為はできないゲームでしたが、強アクティブモンスターを引き連れて、目的アイテムを落とすモンスターが湧く場所にたむろしている他PCへなすりつけ、追い払って陣取ってみたり、パーティー組んでいても目的のアイテムを入手するとさっさと落ちる自己中PCも多くなり、次第にストレスばかり感じるようになり引退したわけです。
「ラグナロク」もβから開始しましたが、こちらは正規版となった時、男女キャラ登録するにはそれぞれ支払いが発生することになり、誘われて開始しましたがFFXIよりもはやく引退してしまいました。
こちらは正規版になって早々から公式でアイテムの現金販売を始めた気がします。
-あ、当時はスマホなんて存在していなかったですしガラケー全盛期なので、今あるようなアプリゲームはありませんでした。オンラインゲームも限られているし、概ね国外ゲームでした。

そんなわけで、久々のアプリゲームではなくオンラインゲーム、となるわけですが、上記2種とはタイプが異なり、1人プレイなゲームであり、これまでの軌跡シリーズ的なシステムです。

がっ

よく「何月何日まで誰それの○×バージョン登場」というメールをファルコムから貰っていたんですが(こういう感じのものですね)、

メンバーに加えることができるだけでイベントは発生しません

そばにいても、実際存在していない状態で物語は進みます。
今進んだところまででは(訓練で考えると序章が終わって第一章へ入ったところ)、メイン主人公ナハト、サブ主人公クロエ、ロナード捜査官、企業家のリーヴ(レミフェリアの皇女っぽい?)がメインで、中にはイベント内に登場するキャラも存在しますが、概ねは一緒に戦っているけれど空気です
戦闘メンバーにはこの四名が存在するものとして物語が進みます。たとえ全員が存在していなくても(笑)。
全員、戦闘メンバーに含まずに進めることも可能なんです。
悪く言えば、物語を解放するための戦闘でしかありません。
クロスベルやリベールに存在するキャラが共に戦うのはともかく、この時期、帝国組がどういう理由ずけで現れるのかが気になって始めてみたんですが、そういう事でした。

理由が判明したので、無課金で物語だけ楽しもうと思います(珍しく今のところまだ課金していませんでしたので)。

「暁の軌跡」は西ゼムリア大陸通商会議後から始まっています。
「碧」と「閃I」と重なる時期です。
クロスベルで開始となりますが、第一章中盤時点でリベール王国へも頻繁に移動しています。
サブクエストの関係で行ったり来たりはしているものの、メインストーリーの流れではさほど日にちが経過していないことになっています。
メインストーリーを進めるためのランクがあるため、サブクエストや訓練をして行かないと、メインストーリーが解放されない仕様です。
更に、サブクエストや訓練にはAPが必要になり、このAPが貯まるのに時間がかかるんです。
期間限定ガチャでのメンバーゲットだけではなく、APを即復活させる為に必要になるのが課金アイテムブレイサーコイン(BC)です。
今スマホで遊んでいる「ポケ森」ではリーフチケットですね(こっちは微課金しちゃっています)。
現金で購入しなくても、イベントこなすともらえるので「期間限定」を確実に狙いに行かないのであれば、入手可能です。
現金いくら注いでも当たらない人は当たらないかもしれません。運だけです。

ゲーム開始前は「2人主人公」と考えていましたが、主人公はナハト・ヴァイスと名乗る少年でした。
開始時に、名前も年齢も偽りであることが判明。
ナハトの独白が非常に多いです。
クロエ・バーネットの方が本当は年上らしいです(ナハトの独白から)。
捜査官のロナード・グリフィンはナハトを既に調べ済みな様子を匂わせ、ナハトも感づかれているだろうと考えています(事実はどうなのかはわからないけれども)。
シャーリーとの絡みもあり、ナハト程度の相手をウチにスカウトなどしないと嘲笑される場面がありました。
クロスベルやリベールの遊撃士たちとの絡みもけっこうあります。
この辺のキャラはパーティーメンバーに含めてもおかしくはないけれど(でも居ないものとして話が進むので、リベールの遊撃士クルツが仲間にいるのに同時期イベントで別行動とっていることに「!?」となりました。やっぱり本当は一緒じゃない、ってことなんですね)。

と言う感じで現在リベール王国でのメインクエスト中です。

ここまで入手した色んなキャラのレベル上げとかしてしまいましたが、今後はこの4人を仲間に入れ、カプア三兄妹は飛行船に常設で探索隊にして(入手済)……とか考えています。
物語が進んだらまた感想入れるかも、です。

ところで、このゲーム、ファルコムが運営していると思っていたんですが、台湾のゲーム会社なんですね。ファルコムは監修となっていました。

関連記事

Information

新しい記事から5件はこの下に表示されます。その他の記事は更に下方にある「記事別」「月別」「日別(カレンダー)」から選んでください。
web clap  Res



プレイ中作品

ザ・シムズ 4 通常版 [オンラインコード]

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Copyright ©

1997~ ARIOSO All rights reserved.

theme by mono-lab

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ