lab.arioso

RPG&AVG情報および感想中心「arioso」別館

メニュー

FFXII PS4版プレイ日記 5

モブ退治ってやっていますか?
大灯台へ行く前の状況だと NO.40 まで終えて(行く前に終わらせました)掲示板には依頼がなくなり、クランから受けた依頼で No.41となっている「ミストに包まれた真実(依頼:ココミン/ラバナスタ)」が残っているのみでした。
これも終わらせてから行くつもりだったんですが、Lv50 では太刀打ちできなかったからです。
うまくやれば出来るかもですが時間がかかるし(ファーヴァニルも大変だった)、最初は普通に突っ込んだせいで瞬殺でした(苦笑)。
ので、これだけ残して出発。レベルが上がればなんとかなるよね。と思ったんですが、1レベルしかあげる事が出来ずに戻ってきてしまったので大して成長していませんね……(汗)。

それではいつも通り、SSでのご案内。ネタバレOKの方のみどうぞ。

[show_more more=”記事の続きを読む” less=”記事をたたむ” color=”#007AB7″]

そういえば1回目無料と言われたけれど兵を助けたら貸してくれたからここのは使ってなかった

ご、ごめんね。だって必要なかったし、歩かないとアイテムとれないし経験値入らないし。

かなり序盤のモブ退治「花サボテン」から続くイベント(けっこう長くひっぱる)

山地側からまわる前にも終わらせられたのね(PS4版ではじめて気付いた)

あちらこちらに置かれている「ビュエルバ魂」は店で売るんじゃなくて欲しがっている人に高値で渡せる

こんな状態でも好戦的じゃない子は大人しく眺めているだけ

サリカ樹林は今や死都と呼ばれるナブディスにも繋がっている

2年前、ナブディスが落ちた知らせを持って帰って来たのはバッシュだった。

今のレベルで踏み込むのはやめ、フランの言葉に従う。

然し、こっちにも問題があった。モーグリたちがサボってて作業が進まない。

おサボリしてるモグたちを見つけ出すとあっという間に完了

御陰様で全員Lv48になりました

カブが可愛い。起きている子は両手パタパタさせて歌います。

ぼーーっと見ているんじゃなくて回復してくれた??

と思いきや、アーシェがケアルラかけている。タイミング良すぎ。

ここのイベントはPS2版でも好きな箇所だった

石に拘るアーシェがある人物との類似性を想わせる

そうなる迄は天才機工士というだけだっただろうにね

奇行をとるまではバルフレアにとって尊敬すべき人物だったっぽいが

ジャッジにまで据えられ全てから逃げ出したバルフレア

終に父であることを明かす

バルフレアには「お前はやめて」とは言わないアーシェ

地下宮殿は見るからにヤバそうな場所

やっぱり可愛いこの子たち♥

ドジっ子がいるのはお約束

倒されて天に召されて行く(?)マンドラーズ(ドジっ子は最後までドジっ子)

地下宮殿から出た途端、コレを見たヴァンの言葉は当然のもの。

ラバナスタの方が良いと思ったんだろうヴァン。

ラバナスタから比べると近代的というか、都会に見えるのかな(地方の県庁所在市と東京都心の違い)

自由行動になると思いきや、リーフ集めに駆け巡ることになる

見物する余裕なんてなかったって

ムリにバルフレアを本名で呼ぶ強かな男(顔はこんなだけど)

ドラクロア研究所へは特別なルートで向かう

父の研究室を見て当時を思い浮かべる

飛び出して6年らしい

危険を察知し即行動できるのは流石ですバッシュ

6年ぶりの親子の再会

息子に失望しヴェインに人類の未来を見出したシドだが……

面白半分で挑発している?

レダスは港町バーフォンハイムのまとめ役で大きな家に住んでいる

研究所内で「知りすぎている」とシドが言っていた相手はレダスの事のようだ

研究所から持ち出した資料からの分析らしい

[/show_more]

まだまだストックあります。

関連記事

Information

新しい記事から5件はこの下に表示されます。その他の記事は更に下方にある「記事別」「月別」「日別(カレンダー)」から選んでください。
web clap  Res



プレイ中作品




The Sims™ 4 Eco Lifestyle

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Copyright ©

1997~ ARIOSO All rights reserved.

【FINAL FANTASY VII REMAKE】
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO

theme by mono-lab
にほんブログ村