lab.arioso

「arioso」別館 *最近は「SIMS4」「原神」「軌跡シリーズ」プレイ感想中心

メニュー

原神-Genshin- プレイ日記 45 光華容彩祭

原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

今回のイベント。メインストーリーは終わりましたがミニイベント関係は全クリアはしていません。
全て終えると、行秋が貰えます。
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

完凸している場合は、ガチャを引いた時と同じと考えて良いのかな。
ミニイベントの報酬が美味しいので報酬目当てで全てこなすつもりではありますが、今回のメインストーリーに絡む星4キャラの何れか、でも問題はなかったように思えます。
沙羅、ゴローもここに加えられていたならば、ゴローにしたんだけどなぁ。沙羅は行秋同様完凸です。どちらも狙ったわけではなく、半年以上続けていると、ピックアップガチャを引いていればこんな状況だろうとは思います。
★4キャラは自動的に仲間になるアンバー、ガイア、リサ以外は凸が進んでいます。半自動のようなノエルは完凸ですが、バーバラはピックアップされても2凸か3凸だったと思う。レザーも同じくらいかな。モンド勢に優しくない仕様です。

そして、神里兄は袂に一体何を入れているのか。
タピオカドリンクは必需品らしく、晴れていようが雨が降っていようが雷が轟いていようが、立ち止まると取り出して飲んでいます。色的に一番のお気に入りは黒糖タピオカ・ラ・テに思えるけれど、どうなんだろう。

メインストーリーはほのかにミステリー風味で進みます。
他国からやってくる顔見知りの招待客。
クレーだけは最初に登場した後は、どこでどうしていたのか判らないけれど、宵宮と一緒に居たのかな。
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

宵宮とクレーが手がけた絵本は、クレーの母の新刊のオマケとして一緒に売られています。
ところで「テイワット観光ガイド」のモンド編は面白かったけれど(パイモン談)、璃月編はガイドとして役に立たない上に人気がないから本屋に置かれていなかった筈。クレームが入るとか言っていたような。
今まできちんと本を読んだ事がなかったけれど、気になったので読みました。
確かに、三冊ともガイドとは言いがたい内容。
一応地域での事を綴ってはいても個人日記的。冒険家としてもかなり変わっているという話を聞いた気がする。

主人公は相変わらず略語らずパイモン主導で進むイベントはどうにかしてほしい。
内容が良かったとしても、ここが毎度のこと非常に気になる。この前のイベントはおとなしかったのに、またしてもしゃしゃり出るパイモンに苛つかされる。主人公の旅なんだから主人公の自由にさせてよ。
しかも今回、他の事をやっていても突然パイモンが声つきで喋りだし、稲妻への誘導が入る始末。
他のイベントの最中に突然割り込む。パイモンのせいじゃなくてプログラムの問題であっても、プレイヤーからすれば、声つき地文つきで突然割り込むのだから「パイモン邪魔(怒)」になってしまう。プレイヤーに嫌わせようとしているとしか思えない仕様になっている。
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

クレーは可愛い。早く欲しい。クレー、七七、ディオナ、早柚で冒険がしたい。
この四人で今のランクで自由に旅を出来るかどうかは判らないけれど、クレー以外は回復できるしね。
まぁ大きい敵は……やめておこう。

先にストーリーは終わりました。
神里妹までガチャはしないつもりだったのだけど、原石が貯まっていたのでだめもとで10連だけ。
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

ウェンティの弓が出たばかりだったんですが……神里妹の武器は難しいことが確定したかもしれない。
とりあえず、綾華さえ入手出来ればOKなんですけれどもね。

今回のストーリーから新たな謎が生まれてしまった。
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

絵を描いたのはアルベドです。
左から4枚までは、今回の流れに則って、関わったウェンティ、行秋、万葉、綾華をモデルとして描かれています。
最期の一枚は、普通に見ると風景しか描かれて居らず人物は見えません。
けれど、アルベドは今回の一連の流れと類似内容の万葉の一族の事件を知り、水をかけることで人物が浮かび上がる細工を施していた。
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

綾人にこの事を尋ねた時、未だ絵を見る事はできなかったけれど、綾人は主人公の推測を読んでいた。何方も同じ人物を考えていた事がわかる。
パイモンは絵を見て驚いたけれども。目にしているのはこの時点では主人公とパイモンだけです(綾人は事前に見ている可能性あり)。
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

アルベドは何故彼を知っているのかがわかりません。
アルベドの伝説任務に登場しないし、以前あった雪山での事件に登場したわけでもない。
稲妻の状況にだって詳しくないはずのアルベドに、どうして彼を描くことが出来るのか。
考えられる事となると、彼もまたアルベド同様ホムンクルスと言えるのかもしれない。人形(ひとがた)と八重神子は言ったけれど。
アルベドは彼よりも長く生きていて、師匠と立ち寄った事がある、或いは、己と同じように産み出された彼に興味があり知っているのか、彼が何を考えているのかも予想出来ていて、名を聞いただけで彼だろうと考えたのか。

更にこれ、冗談じゃなくて二人の本音かも。
心海ちゃん結構黒い。
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

八重神子は判りやすいけれど心海のペンネームなんですかそれ。
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

パイモンが「心海と八重神子は仕える神が違う」とか言って頭を抱えるシーンがあったけれど。
それ言ったら璃月もモンドも違うし。今更焦るような事なのか。随分パイモン自身が拘っているように思える一面。
主人公は何も言わないけれど戸惑っている様子はなかった。
そもそも無感情、無表情な事も多い。威張る時に腰に手を宛がったポーズと、ダメダメじゃんな時に眉間に手を宛がうくらいで。

次の更新で稲妻からは離れるのかな.

関連記事

  1. 原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.
  2. 原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.
  3. 原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.
  4. 原神
  5. 原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.
  6. 原神