lab.arioso

「arioso」別館 *最近は「SIMS4」「原神」「軌跡シリーズ」プレイ感想中心

メニュー

原神-Genshin- プレイ日記 106 共鳴石待ち

原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

残り一つだけの瞳を自力で見つけるのは諦めました。
現在スメールの評判は上記の通りで、再来週には共鳴石を作成できるようになる=ver.3.2が来る前に終える事が出来るので一端考えないことにします。
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

任務関係はデイリー以外はたぶん終わったと思います。
四幕のクライマックス映像や世界任務や見つけた文書から、カーンルイア人をダーリ人と学者たちは呼んでいる事は判りました。
スメールにはダーリ遺跡やダーリの谷などが存在しています。
ダーリ遺跡の方は定かではないけれど、ダーリの谷には、ヒルチャールの遺体がゴロゴロしています。
あちらこちらに散らばっている文書から、ダーリ人も魔鱗病にかかり、生き残った者はヒルチャールになったと推測できるものがありました。
そして第四幕終盤の祭司が残した記憶から、砂漠の民の神だったキングデシェレト(ルビがスカーレットキングであり日本語ボイスはスカーレットキングと読む謎仕様。なぜ統一していないのか不明)の「知恵」の力が人を狂わせ、魔鱗病の原因であったと告げています。
学者たちが狂学者になってしまうのは缶詰知識と世界樹が関係している。
なぜ狂うのか、その原因ははっきりしないと学者たちも言っているけれど、缶詰知識の原理がキングデシェレト時代の手法に寄る、或いは世界樹が全ての記憶を所有していて、そこから引き出し利用しているのがキングデシェレト時代に培った方法である為に、キングデシェレトの自己犠牲とマハールッカデヴァタの力により収められた過去の事象を再現しつつある状況かのかな、と思いました。
原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

上記の地図のダーリ遺跡、ダールアルシファ、ダーリの谷の辺りは、地名からもともとダーリ人が多く居住していたように思えます。500年前からではなく、もっと遙か昔から、としか思えません。
ダーリ人とカーンルイア人はもともとは同じ民族かもしれないけれど、二つの派閥に別れて存在したのかな……とも。
ダーリ人は溢れた魔物と戦っている。ダーリ人がヒルチャールになったのは魔鱗病が原因で、カーンルイア人は呪われたか為、と言う気もします。何方もヒトが過ぎた力を得ようとしたが為、なのかな。、
逆も考えられます。古い呼び名がカーンルイアであって、砂漠へ移動した者たちがダーリと名乗ったのかも。実際はダーリよりカーンルイアの方がもっと歴史が古い可能性もあります。

勝手な憶測なので的外れだったとしてもご容赦ください。個人の感想です。

マハールッカデヴァタが死んだとされるのは前雷神死亡時期同様ですが、砂漠の文明が滅んだ=キングデシェレトの自己犠牲はそれよりも遙か過去に思えます。
だとしたら、幼子になってしまったマハールッカデヴァタが徐々に力を取り戻し以前のような状態になったのに、500年前の事件で再び幼女になってしまい(持ち得る力を使い尽くした)、以前より更に力を失った。
それを賢者たちがまったく知らないことは有り得ないのが事実な気もします。
賢者は神の近くに存在していた筈ですし、仮にも賢者です。
ナヒーダがマハールッカデヴァタであることは判っているけれど、また同じように勝手に力を使わせないために籠めているような気もします。
ナヒーダが何の力もない神と知っているならば、スカラマシュではなく、ナヒーダに缶詰知識をめいっぱい突っ込めば良さそうなのに(何の力もないのならば尚更に)それをしないのは、草神は草神として存在させる必要性があると考えているのか、力を取り戻すまでは保護の意味もあるのかも知れません。
そもそも、アーカーシャシステムを本当にマハールッカデヴァタが考えたとしてら、そのときの彼女も、余り出歩くことを禁止されていたか、出歩けない状態だったかも知れません。他の民のために力を使ってほしくはない、とかの理由で。
神の心をアーカーシャシステムの要としているのだから、もしも現草神を失った時、神の心も失う事になるのかな、とも。
理由は「神の目」同様で、死亡者が所有していた神の目は力がなくなります(万葉の友人)。
マハールッカデヴァタを賢者たちが見つけられたのは、神の心が失われていない限り、何処かに存在することは明白だったからか、当時も籠められていて幼くなった草神がはじめから傍に存在したのかも。

11月2日。答えが出る前に記録しておくことにします。
全然違っていればそれはそれで面白いので。
カーンルイアには神は存在していなかったけれど、ダーリ人は、他の砂漠に暮らす民族同様キングデシェレトを信仰していたかもしれません。
意外とガイアは、正しくはダーリ人かもしれません。カーンルイア人ではなくダーリ人であれば、上記憶測理由でダーリ人がヒルチャール化しただけだとしたら、ダーリの子孫として現在生きていてもおかしくはないし、ガイヤの一族についても同様です。
ダーリと古くは呼ばれていたと言っているので、ダーリ人の方が正しくて、多くの知識を所有した一部のダーリ人がカーンルイアと言う別国を別の場所に興した。とかかも?
アルベリヒはダーリの中で権力を持った一族で、カーンルイアの摂政を任された一族(カーンルイアの王家筋ではないと言うことからダーリの王家筋であればダーリの方が古いですし)とか。
そうであった場合、ガイアの見た目がカーンルイア人であるダインスレイブと異なるのにも頷けます。
褐色の肌であるのはダーリ人だからか、ダーリ人と他民族の間に誕生した子、或いは、既に砂漠の民的見た目のダーリ人と、カーンルイア人の間に誕生しているとか。

……妄想しだすとキリがないのでこの辺で終わります。

あ、ガイア父の声ですが、愚者と同じような気がします、とコメント頂きましたが、違うと思うと言うプレイヤーも居ます。……どうなのかなぁ?

関連記事

  1. 原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.
  2. 原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.
  3. 原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.
  4. 原神-Genshin- プレイ日記 67
  5. 原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.
  6. 原神 © COGNOSPHERE. All Rights Reserved.

Information

新しい記事から5件はこの下に表示されます。その他の記事は更に下方にある「記事別」「月別」「日別(カレンダー)」から選んでください。

にほんブログ村

【Amazon Game検索】
TVゲーム関連ランキング

 PC(Win) / PS4 / PS5

プレイ中作品

The Sims™ 4 High School Years
 

原神-Genshin-

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031